日本語
Bot(ボット)一覧
マイページ

欲しかったものはコレ!仮想通貨の自動取引「コイントレーダー」

テレビやインターネットでこの文字を見ない日はないほど、世界中で盛り上がりを見せている仮想通貨。ビットコイン、ビットフライヤー、ザイフをはじめとする大手取引所もしっかりと時代に根を張り、投資と言えば不動産や株ではなく「仮想通貨」と応える人も増えてきました。

2017年はまさに仮想通貨元年とも呼ばれるほどの仮想通貨高騰のニュースが相次ぎましたね。ビットコインにおいてはたったの一年で価格が13倍まで膨れ上がり、通貨保有者がほっこりする年でもありました。アルトコインでも最高で数百倍の価格を実現し、まさに仮想通貨のバブル期とも騒がれましたが、まだまだこの沸騰振りは治まるところを知らない…と言った状況です。

そんな仮想通貨世代に突入したわけですが、まだまだ「投資を始めたいのに、なかなか一歩が踏み出せない」という仮想通貨予備軍は大勢います。「本業が忙しくて、仮想通貨どころじゃない」「そもそも知識がないのに、始めるのはキケン」と足踏みを分でしまっている人でも、「あのツール」を利用すれば、簡単に安心して仮想塚の取引ができるのです。

ここでは仮想通貨取引における悩みを触れながら、仮想通貨の自動取引サービスがどのようにその悩みや不安を解決してくれるのか解説していきます。

誰でもスムーズに仮想通貨の取引ができるコイントレーダー。利用するメリット、取引で活躍してくれるボットの仕組み、コイントレーダーが誇る幅広いプラン設定、サポート内容、コイントレーダーが必要なのはこんな人など、興味深い点にも注目しながら今までの悩みとはおさらばしましょう。

コイントレーダーの正体って?

仮想通貨での自動取引でおすすめなのが何といっても「コイントレーダー」です。「名前は聞いたことがあるけど、一体どのようなものなの」という人のために、一歩踏み込んで説明していきましょう。簡単に言うと、コイントレーダーは仮想通貨の取引を利用者の命令に従って自動で行ってくれるプラットフォーム。忙しい投資家に代わって、大切な資産の運用をしてくれるサービスです。

・ コイントレーダーができることって何?

投資家にはそれぞれ心に決めたオリジナル・ストラテジーがあるもの。コイントレーダーは「この作戦で行く」と決めた戦略や条件をボットに設定し稼働させるものです。コイントレーダーで活躍してくれるボットは投資家の戦略に従ってのみ取引ができるロボットであり、365日24時間休みなく働いてくれます。

・システムのインストールが面倒なのでは?

「自動取引サービスだから、ややこしいダウンロードとかが必要のはず」と不安に思う人もいるかもしれませんが、コイントレーダーではそのような心配はなし!自動取引のプラットフォームがクラウドベースのため、、わざわざソフトやプログラムをインストールする必要もありません。

・使い方が難しいのでは?

コイントレーダーならサイト内で登録を行うだけの簡単ステップ。「特別なコンピューター作業はちょっと苦手」という人でも、基本的な知識さえあれば用意にスタートアップできます。コイントレーダーのサイトは以下の通りですので、シンプルでわかりやすいサイトを見にぜひ訪れてみて下さい。

・コイントレーダーはどのような仕組みになっているの?

コイントレーダーはボットを使って自動取引を行うものですが、詳しく言うと「注文処理」や「その注文を今すべきかどうかを判断するための集計処理を行う」のがメインの仕事になります。仮想通貨を注文するにあたり、オリジナルの投資戦略を構築するのが最も重要になりますが、その条件をボットに組み込むことで取引への稼働がスタートします。

ボットは投資家の入力したストラテジーに沿って通貨の注文を開始しますが、注文を行うべきか、また今は買い時ではないという大切な判断を冷静にしてくれるので、感情の赴くまま間違った判断を行ってしまうようなリスクを回避することができます。

コイントレーダーの仕組みを理解する前に、ボットがどのように取引所と連携しているかをお話した方がよいでしょう。ザイフやビットコインをはじめとする仮想通貨取引所は「API」という仕組みを採用しています。APIは取引を自動で受け付けてくれるシステムで、ボットはこの仕組みを経由しながら、正常な注文処理を行います。後述しますが、コイントレーダーのサービスを申し込む際に、一番最初に踏むステップが「取引所とのアカウント連携です。ボットは無人で稼働するわけですから、自動取引を行うボットを適切に機能させるためにも必須項目になります。

・コイントレーダーの機能を教えて!

忙しい投資家をサポートしてくれる頼もしい味方コイントレーダー。ボットをはじめ、魅力的な機能がいくつかありますので早速ご紹介しましょう。安心、簡単、充実の3つがキーワードです。

セキュリティ強化!SMS認証でログインできる

利用者の立場に立って安全に利用できることを第一に考えているのがコイントレーダーです。セキュリティー面を強化するにあたり、アカウントへのログインには安心のSMS認証を必須化しています。ご存じの方も多いと思いますが、SMSでの認証確認はあくまで本人しかできない作業であるため、見知らぬ誰か不正を働いてログインすることはできません。

ブロックチェーンやP2Pが発達した仮想通貨の世界でもハッキングが100%ないとは限りません。オンラインで簡単に取引できる環境であるからこそ、その分セキュリティへの執着は譲れないのです。

SMSやメールを使ったアラート機能が充実している

約定金額がMAXに達した際にアラート機能によって利用者に上限を知らせするのが主な内容です。自動取引を利用していると、ついつい手掛けている通貨の売買の動きにうとくなりがち。アラート機能によって利用者の資産運用の経過を知るべく約定金額の上限を知ることはとても大切なことです。

コイントレーダーではバックテスト・シュミレーション機能へのさらなる開発にも力を入れています。仮想通貨の未来に向けて、またリスク回避や自由度が高い戦略プログラム構築への実現に向けて、予想外の価格急落の知らせを含んだ有効的アラート機能を追加していく予定です。

誰でも理解できるシンプルなボット機能

仮想通貨の取引が初めての人が最初にぶつかる不安材料はボットの使い方です。「ロボットだから使うのも難しそう」という先入観があるのかもしれませんが、コイントレーダーのボットに関して言うならば、それはいたってシンプル。誰でも簡単に利用できるように、コンセプトは「機能の簡素化」です。

仮想通貨が初めてということでストレスを感じる人も多いと思いますが、コイントレーダーのボットなら設定も簡単、独自のストラテジーがさえ頭にあれば、どんな人でも1分ちょっとでボットを稼働させることができます。

戦略の設定が詳細までできる

仮想通貨を注文する上で独自の投資ストラテジーを構築することは必須ですが、できる限り細かい部分まで設定したいのが本音でしょう。コイントレーダーが誇る機能の1つとして、投資戦略のカスタマイズ化が挙げられます。リスクを回避しながら利益を出すかの条件を絞り出せば、後はその条件を詳細までボットに設定すればよいのです。「この状況の時に注文をする」という設定を軸に、利用者の勝つための戦略を細かく指示しましょう。

コイントレーダーはなぜ選ばれているの?

仮想通貨で資産構築を目指す人は本当に増えてきましたね。今までの投資のカタチは時間と知識を大量に要してきましたが、仮想通貨の自動取引サービスでその不安や悩みも消えつつあります。さっそく、コイントレーダーが自動取引サービスで多くの人に選ばれる理由を探ってみましょう。

・予想外の暴落時でも自動で対応してくれる?

仮想通貨取引で投資家が最も不安に感じるのが予想外の通貨暴落でしょう。もちろん、仮想通貨をはじめ、どのような投資でもリスクはつきもの。「損をしたくない」と思いからチャートに張り付いていなければ気が済まない!という投資家もいると思います。でも、24時間365日、それができるでしょうか?

コイントレーダーは予想外の通貨暴落でもしっかり自動対応してくれるので。リスク管理の観点からも安心して利用することができます。本業のかたわら、チャート変動や暴落時の管理を任せられるのは利用者にとっても大きな魅力です。

・自分に代わって自動取引をしてくれるって本当?

コイントレーダーは利用者が就寝中でも、デートの最中でも、体調を崩している時でも、24時間365日あなたの代わりとなって自動取引を実行してくれます。本業で忙しいけど、仮想通貨にも本腰を入れてチャレンジしたいという人は「自分が二人いたらいいのに…」とため息をつくことはありませんか?

コイントレーダーが選ばれるのは、現在のライフスタイルをほとんど変えずに仮想通貨への投資が始められること。「家族もいるし、会社を辞めてまで仮想通貨にのめりこむことはできない」といった悩みをコイントレーダーならすっきり解消してくれます。

・オリジナル戦略だけに集中できる?

一般的な株への投資をしている場合、証券会社が開催する投資講座などに参加して、株価の動向、人気銘柄、市場のパラメータなどを勉強することができますよね。そこから得た知識を自分なりに分析して仕上げるのがオリジナルの投資戦略です。

仮想通貨への投資も同じで、自分の納得するロジックでオリジナルの投資戦略を構築し、そのストラテジーを土台にして攻めるべきです。知識や経験の豊かさも重要ですが、投資家独自の勘や銘柄の趣向を取り煎れながら、オリジナル戦略を立てることはとても大切。コイントレーダーなら利用者でしかわからないオリジナル戦略 だけに集中することができます。自分の力で資産運用を効率よくすることこそ、投資家の醍醐味ではないでしょうか?

・利用者の資金・資産を預かるの?

コイントレーダーは投資家の資金や資産を一切保有することはありません。自動取引が初めての人は資金が一旦コイントレーダーを介する、または預かると勘違いをしてしまうこともあると思いますが、大切な利用者の資金や資産をコイントレーダーが一時なりとも保有することもなければ、アクセスをするさえありません。

コイントレーダーの使命はボットに組み込まれた利用者の命令によって注文処理や自動取引を行うだけ。利用者の資金に触れることなく、資産運用のサポートをしていきます。

利用するには、どのようなステップを踏めばいいの?

コイントレーダーに興味が出てきたら、さっそく利用方法やサービスの流れをチェックしておきましょう。利用までのステップは5つ。初心者の方でもスムーズに手続きができます。

1.取引所とアカウントを連携します

一番最初にすることは「希望取引所とアカウントの連携をする」です。自動取引で最も大切なボットを適切に稼働させるために必要な作業をまず始めに行います。

2.月の支払い方法を選んで登録します

月々の費用について支払い方法を選んで登録をします。クレジットカードでの支払いがメインですが、利用の最中でも支払い方法やプランを変更をすることができます。

3.約定金額に合わせて適切なプランを選びます

利用者が検討している投資金額に合わせて適切なプランを選択します。プラン内容は後述していますので、参考にしてみて下さい。

4.利用者のニーズに合わせてボットを選びます

注文処理や自動取引を実行してくれるボットを選びます。個人のニーズはさまざまなので、オリジナルの戦略に合ったボットの設定を行うのがベスト。仮想通貨が初めての人がぶつかるのは「ベストな設定が知りたい!」ということだと思いますが、あえて最初の設定としておすすめなのはこの2つ「積立バリュー平均法」か「利確ならシンプルBuySell」です。設定に迷いのある人は、まずこの2つのどちらかを選んでみると良いでしょう。

5.ボットを稼働させます

最後にボットを起動させましょう。これでサービス開始へのステップはすべて終了です。独自の投資戦略に従い、さっそく取引の開始です。ボットの稼働までは1分程度ですので、さっそく仮想通貨取引の自動化を実感してみましょう。

コイントレーダーの料金プランは何種類あるの?

「コイントレーダーを利用したいけど、まずはプランの種類を教えて!」という人へ、キャンペーン情報を含めて魅力あるプランをご紹介します。

・ミニ(月2,900円)

1,000,000円までの注文が可能、2ボットまで運用できます。ストレスなく始められるプランです。

・ブロンズ(月5,400円)

3,300,000円まで注文が可能、4ボットまで運用できます。初心者の方に最もおすすめのプランです。

・シルバー(月8,800円)

5,400,000まで注文が可能、6ボットまで運用できます。

・ゴールド(16,800円)

10,000,000円まで注文が可能、12ボットまで運用ができます。

・プラチナ(34,800円)

注文額の上限はありません。20ボットまで運用が可能です。こちらは暗号通貨取引が上級者向けのプランです。

コイントレーダーで利用できる取引所は「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer」「Binance」「Bitfinex」のみ

コイントレーダーでは現在のところ、ZaifbitFlyer及びBinance、Bitfinexのみとなってます。
ですが、現在他の取引所への対応も進めており、 国内ならbitbankやDMM bitcoin、海外ならPOLONIEX、BITTREXなど、これからの暗号通貨の市場拡大と共に利用できる取引所の数を増やしていく予定です。

・対応している通貨組み合わせ

現在は JPY建て及びBTC建てとはず、120の通貨ペア に対応しています。

全通貨ペア一覧:BTC-JPY、MONA-JPY、XEM-JPY、BCH-JPY、ETH-JPY、ETH-BTC、DGD-BTC、NCASH-BTC、BNB-BTC、XRP-BTC、LTC-BTC、AION-BTC、NEO-BTC、TRX-BTC、ICX-BTC、ONT-BTC、ADA-BTC、NANO-BTC、CHAT-BTC、EOS-BTC、XLM-BTC、VEN-BTC、ETC-BTC、BCD-BTC、BCC-BTC、GVT-BTC、QTUM-BTC、MTL-BTC、IOTA-BTC、XMR-BTC、NEBL-BTC、AST-BTC、APPC-BTC、BCPT-BTC、WAVES-BTC、OMG-BTC、STORM-BTC、LINK-BTC、LSK-BTC、ELF-BTC、DASH-BTC、SUB-BTC、IOST-BTC、GTO-BTC、MCO-BTC、ENJ-BTC、POWR-BTC、WTC-BTC、RCN-BTC、NULS-BTC、XVG-BTC、BQX-BTC、TRIG-BTC、INS-BTC、ENG-BTC、CND-BTC、STRAT-BTC、BTG-BTC、CTR-BTC、GXS-BTC、LUN-BTC、MTH-BTC、YOYO-BTC、TNT-BTC、DLT-BTC、ZIL-BTC、BTS-BTC、VIB-BTC、SALT-BTC、REQ-BTC、POE-BTC、MDA-BTC、VIBE-BTC、ZRX-BTC、HSR-BTC、ZEC-BTC、GAS-BTC、KNC-BTC、ARN-BTC、SNGLS-BTC、SNT-BTC、BAT-BTC、LEND-BTC、PPT-BTC、AE-BTC、FUN-BTC、TNB-BTC、MANA-BTC、ARK-BTC、POA-BTC、BLZ-BTC、WABI-BTC、STEEM-BTC、LRC-BTC、QSP-BTC、CDT-BTC、VIA-BTC、XZC-BTC、OST-BTC、CMT-BTC、RPX-BTC、STORJ-BTC、DNT-BTC、AMB-BTC、ADX-BTC、NAV-BTC、EVX-BTC、RLC-BTC、RDN-BTC、KMD-BTC、SNM-BTC、ICN-BTC、PIVX-BTC、MOD-BTC、OAX-BTC、FUEL-BTC、BRD-BTC、WINGS-BTC、EDO-BTC、BNT-BTC

不安や悩みをコイントレーダーがすっきり解決してくれる?

仮想通貨人口は今後も上昇を続けると言われていますが、不安や悩みを抱えっぱなしでは前に進めません。仮想通貨を始めたくてもなかなか最初の一歩が踏み出せない人へ、コイントレーダーのメリットをもう一度振り返ってみましょう。

・株でも何でも投資の知識や経験がないけど大丈夫?

コイントレーダーのサイトを訪れてみて下さい。サイトの右下に「なんでも聞いて下さい」というメッセージと共に、チャット・ウィンドーが開き、コイントレーダー専門のカウンセラーがいつでも相談に乗ってくれます。「こんなことを聞いたら恥ずかしい」と尻込みする必要はありません。「最低、どのくらいの額から投資ができますか」「リスクが怖くて着手できないのですが…」といった悩みでも、優しく丁寧に答えてくれるので安心です。

・小額から始めても大丈夫?

投資と聞くと、多額の資産を運用しなければならないと思う人も多いと思いますが、初めて仮想通貨を始める人には心理的な負担が大きくなることが心配されますよね。実際には投資を5万円くらいから始める人もいるくらいなので、背伸びせず、自分の高さに合った金額から投資をスタートすれば大丈夫です。慣れてきたら保有額を上乗せしていくこともできますので、焦らず少しずつを念頭に小額から始めてみましょう。

・英語が苦手、日本語ですべて対応してくれる?

仮想通貨の世界では海外が日本の先を歩いているのが現状です。自動取引サービスで検索してみると、見慣れない専門用語がズラリと並んだ英語表記のものが多いことに気づきます。これはちょっと不安ですね。

コイントレーダーなら日本語での対応100%なので安心です。投資で一番怖いのは「たぶん、こうだろう」という想像の世界で決断をしてしまうこど。英語表記で意味のわからないまま取引を始めるほどキケンなことはありませんので、日本語でしっかり理解した上で取引を開始させましょう。

・海外に住んでいるけど利用できる?

コイントレーダーは世界のどこにいてもインターネットがつながる環境にいれば利用できます。実際に日本人の海外移住者や海外の出張先でコイントレーダーを利用している人はたくさんいます。仮想通貨の自動取引では国境はもはや問題ではないんですね。

コイントレーダーへの素朴な質問まとめ

コイントレーダーについて知識を深めたい方へ、よくある質問と答えをまとめました。

投資戦略は何度でも変更ができる?

仮想通貨の市場には価格の変動や銘柄の人気度など、毎日のように変化があるのが特徴です。自分の大切な資産を運用するわけですから慎重になるのは当然であり、仮想通貨の流れに従って上手に売買を行うことは必須です。ですので、ボットへの投資戦略を変更するのは何度でも可能です。もちろん、変更の際の反映も即時行われますので、タイミングに渋ることもありません。

アカウント資産は本当に安全?

仮想通貨への投資で投資家の頭をいつもかすめるのがアカウント資産の安産性でしょう。仮想通貨の取引ではインターネットを利用するため不安に感じる人も多いと思います。

アカウント資産の安全性における決定打はAPIの存在。第3者が不正に資金を流用できないように、APIキー処理を行い、安全なサーバーだけに対し実行されるので安全です。さらに、サーバー内の情報は瞬時に暗号化されるため解読は不可能です。ログインでは電話番号を入力する2段階認証機能がついているので、こちらも安心ですね。

アプリは利用できるの?

現在のところ、iOS及びAndroidの両方でアプリを利用することが可能です。

AppStoreのURL及びGooglePlayのURLは以下の通りですので、ぜひインストールしてみて下さい。

アカウントの利用をアプリとウェブの両方でおこないたい人はこちらをご参照下さい。簡単に手順を説明しています。

最初にアプリを利用したい人

1.アプリをインストール 2.ログインした後、Myページよりメールアドレス設定・認証 3.ウエブ画面にてアプリで設定したメールアドレスを入力 4.ログインフォームにて認証コードを設定、二段階認証を実行

最初にWebを利用したい人

1.ウェブでメールアドレスを入力、その後アカウントを取得 2.メールアドレスの認証を実行 3.URLからアプリのインストール 4.ログイン画面を選択し、Webで作成したメールアドレスを入力後ログイン

・支払いの発生・請求サイクルは?

コイントレーダーに最初に有料の会員登録をするとプランごとに支払いが発生し、翌月からの支払いを始めた日を起点に月々の請求が行われるようになっています。プランを変更する場合は、変更後すぐに支払いの引き落としが行われ、支払いのサイクルも変更をした日にリセットされます。

・クーポンやキャンペーンについて

クーポンの種類は2つ。期間割引と金額割引があり、コイントレーダーのサービスにて利用することが可能です。クーポンは有料の会員になり、あらゆる条件をクリアするともらえるシステムになっています。

招待キャンペーンはコイントレーダーの利用者Myページから、招待コード、およびアフィリエイトシステムを利用して新規で登録してくれた人がいた場合にもらえる特典です。利用者(招待した人)には1ヶ月の無料クーポンが、新規登録者には初月のみ無料クーポンを受け取ることができます。興味がある友達がいたら、どんどん招待してみましょう。お互いにハッピーになれるコイントレーダーの特典を賢く利用してみて下さい。

国内で購入できる通貨の種類は?おすすめの銘柄は?’

日本で購入できる仮想通貨の種類は一体どれくらいあるのか、また国内でのおすすめ銘柄をご紹介しましょう。仮想通貨は取引所や販売所で売買され、今後さらに流動性が高くなると予想されています。「今や仮想通貨はインフラになりつつある!」と豪語する人もいるほど、仮想通貨パワーの勢いは止まりません。

・国内で購入できる暗号通貨の種類はどれくらい?

世界には約1000種類以上の仮想通貨があると言われていますが、日本で実際に購入できる主な通貨は14種類です。

ビットコイン/イーサリアム/イーサリアムクラシック/リスク/リップル/モナコイン/ビットコインキャッシュ/ライトコイン/ネム/ダッシュ/オーガー/モネロ/ジーキャッシュ/ファクトム

これらの人気銘柄以外にも日本が開発した通貨やそれぞれの取引所が作った通貨もあるので、その種類はプラス数十種類になります。仮想通貨がインフラになる時代近し!といった感じですね。

・おすすめの通貨銘柄ベスト5は?

1位:BTC ビットコイン 2位:XRP リップル 3位:XEM ネム 4位:XMR モネロ 5位:ZEC ゼットキャッシュ

ビットコイン強し!と言った印象を受けますね。リップルやネム、モネロは安定した人気をキープしています。今年はどんな通貨が勢いを増してくるのか、本当に楽しみです。

海外の自動取引サービスはどうなの?

日本でもにわかに自動取引サービスを利用しながら仮想塚の売買をスタートさせる人が増えてきていますが、仮想通貨フィーバーが著しい海外ではどのような位置にあるのでしょうか?

・海外でも大人気の自動取引サービス

アメリカやイギリスなどのヨーロッパ諸国、シンガポール、香港、韓国など、仮想通貨の先進国では日本より先に自動取引サービスの利用が始まり、すでに多くの国民が利用をしています。海外で最も好まれるもの、それが「効率性、利便性」。日本人は働きモノで朝早くから夜遅くまで仕事詰めというイメージが定着していますが、海外だって仕事で忙しいのは同じ。もちろん、仕事によって束縛される時間も長く、仕事によって犠牲になるものするものは同じなのです。

・無駄な時間は必要ない、これが基本

海外のメディアでは昨今の仮想通貨ブームにおける自動取引サービスについて頻繁に触れています。なぜなら、「独自の戦略がしっかりと固まれば、あとは自動化するべき」という考えが一部で定着しているからです。

ボットが生まれる前の投資のあり方は、スクリーンを机に何台も並べチャートにべったりと張り付き、不確定な動きを繰り返す価格の上下にあくせくしたいたものです。その上、時間に拘束され、イライラが募り、必要のないストレスとの闘いでした。

本業への時間を犠牲にすることなく投資家として仮想通貨を効率よく続けるには、価格変動を分おきにチェックすることが不可欠でしたが、自動取引ができるボットができたおかげで、人間には到底限度のある作業を省くことができるのです。この効率性の高さが多くの人を仮想通貨へ導くきっかけになっているとも言えるでしょう。

仮想通貨の取引で無駄な時間は必要ありません。自分のストラテジーさえしっかりあれば、あとはボットに任せて自動化にするべきだと思いませんか?

・安心・安全じゃなきゃ絶対にX

海外で人気のあるボットに共通していえるのは「攻撃しない、危害を加えない、損害の恐れがない」ということです。仮想通貨に投資をする上でキーポイントになるのが「安全性」です。オンライン取引ではハッキングや情報流出が懸念されるところですが、海外で頑張っているボットたちはどれもセキュリティの高さを看板にしているものばかりです。

ボットが誇れる点は「気密性が極めて高く、頑丈であること」です。利用者の大切な資産や財産を保護するためには不可欠な要素。これをなくしてボットの人気はここまで上昇しません。

・海外で人気のあるボットって?

海外で人気のあるボットは数多くありますが、投資家のレベルや目的に合わせて選べるのが魅力的です。バラエティ豊かなボットには本格的トレーダー向けのものから、初心でも気軽に始められるものまで多岐に渡ります。海外で知名度の高いHaasbotはライセンス取得にかかる費用がビギナーで約87,000円、シンプルライセンスで約160,000円、アドバンスなら約240,0000と高額。XBT TRADERは人工知能AIが搭載されたボットですが、こちらも年間で250,000円となっています。

しかしながら、初心者の方でも気軽に始められるボットもあり、月々最低14ドルから利用ができるTradewareや、100%オープンソースで人気のあるGekkoも注目したいところでしょう。Gekkoは無料でソフトウェアのダウンロードができるので、ある程度の仮想通貨知識があれば利用したいという人も多いです。何より費用的にも負担が一切かからないのも魅力でしょう。

海外ではプロの投資家も積極的にボットの活用をしています。仮想通貨時代が到来し、ボットにもさらなる課題が待ち受けていると言えるでしょう。海外ではボット開発における競合が肩をぶつけあっている状況なので、今後も驚くようなボットが次々と発表されると考えられます。

世界のテクノロジーは私たち人間の想像をはるかに絶するレベルまで到達していますが、さらに人間の知能に変わるAIや数々のインテリジェント・ロボットも日々誕生しています。これらのロボットたちは、忙しい人間のお手伝いを有効的に行ってくれる、指示通り動いてくれるということで、利用者も安心して365日24時間、仕事を任せることができるようになりました。

ブロックチェーンやP2Pへの認識度も高まり、より安全性の高い仮想通貨取引が行われるようになったため、仮想通貨の取引所はかさらに活気を増してくると予想されています。流動性の高いマーケットでは利益も生まれやすく、投資家にとっては嬉しい環境が整っているとも言えます。

2018年も仮想通貨がアツい年となりそうですが、本業で忙しく家にほとんどいない、海外出張で日本にいない、普段学校に通っている(専門学校生、大学生、大学院生など)、子供が小さいご家庭では、とにかく「時間」の余裕がないことが仮想通貨を始める、または続ける大きなネックにもなっていますよね。

加えて、仮想通貨の知識が乏しい、周りに知られずこっそり少しずつ始めたい、損失や大暴落などのリスクを最小限に抑えたいという人には、仮想通貨に対する不安や疑問で頭がいっぱい。そんなモヤモヤを解消するためにも、コイントレーダーは仮想通貨を始めるよいきっかけになると言えるでしょう。

しかも、人間の能力では到底不可能な365日24時間での取引体制の実現は大きいのではないでしょうか?「いやいや、自分でスクリーンを見張っていないと心配で取引なんかできないよ」そんな人は、もう一度ボットの仕組みと安全性を考えてみて下さい。

ボットは利用者の命令・指示通りでしか動かないロボットです。人間のように笑ったり泣いたりはしませんが、逆に人間のように一時の感情に押し流されることもありませ。仮想通貨の取引で必要なのは「冷静な判断」です。この判断ミスがのちに後悔するタネになるならば、仮想通貨の取引の場に持ち込むべきではありません。

正常な気持ちの時に練り上げた投資戦略を24時間365日、変わることなく利用者の代わりに行ってくれるのは、とても安心なこと。仮想通貨のチャートのちょっとした動きに惑わされることなく、オリジナル戦略を実行することができるのがコイントレーダーの特徴です。利用者のストラテジーに沿った戦略を、寝ている間に行ってくれる頼もしい味方です。

仮想通貨においては、もう時間の制約に惑わされる必要はなくなったと言えるのかもしれません。もちろん、自分の目でチャートや市場の動向を見ながら戦略や条件を変更することは必須ですが、一旦考えがまとまれば、あとはコイントレーダーを代表とする自動取引サービスに任せるべきです。コイントレーダーの場合、ボットに埋め込む戦略の条件は何度でも変更できるので、「一週間に一度しか条件が変えられない」といったような精神的ストレスとも無縁の世界です。

投資ロジック+パラメータの二つの投資戦略を決めることで、仮想通貨の取引を実施してくれるのがコイントレーダーです。24時間365日、年中無休で稼働してくれる上に、暴落時で心配なリスクへの回避も行ってくれるのも特徴です。投資=リスクという概念を少しでも拭えるのは、ボットにリスク回避への正確なロジック(条件)を設定することができるからです。

勘違いしそうな英語の自動取引サービスもありますが、日本人なら母国語の日本語でしっかり理解してからトレードを行うべきです。コイントレーダーで時間を気にせず、生活パターンもほぼ変えることなく、自分自身で構築したロジックを100%用いた投資生活をスタートさせてみて下さい。コイントレーダーの魅力、上手に伝わりましたか?

仮想通貨取引所と連携して今すぐ自動取引・自動売買を開始する

仮想通貨の自動取引・自動売買を始めるにはAPI連携が必要

CoinTraderで仮想通貨の自動取引を行うためには、各仮想通貨取引所とのAPIの連携が必要となっています。 仮想通貨取引所とのAPIの連携方法については以下をご確認ください。

仮想通貨取引所毎のAPI連携方法について

仮想通貨取引所:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerとのAPIの連携方法 についてはこちらをご覧ください。 CoinTraderとbitflyerのアカウントを連携後、bitflyerでの自動取引・自動売買が可能です。 bitflyerについては、これ以外にも詳細なAPI連携の方法についての説明ページもございます。詳細なAPIの連携方法について説明がある仮想通貨取引所の一覧は、こちらで確認ができます。 bitflyerのアカウントを新規開設して自動取引・自動売買を始めたい方はこちらをご覧ください。 bitflyerのアカウントを既にお持ちで、そのアカウントとAPI連携することで自動取引・自動売買を始めたい方はこちらをご覧ください。 ビットフライヤーで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこれらののページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:bitbank(ビットバンク)

bitbankとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、bitbank(ビットバンク)での自動取引・自動売買が可能です。ビットバンクで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Binance(バイナンス)

BinanceとのAPIの連携方法 についてはこちらをご覧ください。 CoinTraderとBinanceのアカウントを連携後、Binanceでの自動取引・自動売買が可能です。 Binanceについては、これ以外にも詳細なAPI連携の方法についての説明ページもございます。詳細なAPIの連携方法について説明がある仮想通貨取引所の一覧は、こちらで確認ができます。 Binanceのアカウントを新規開設して自動取引・自動売買を始めたい方はこちらをご覧ください。 Binanceのアカウントを既にお持ちで、そのアカウントとAPI連携することで自動取引・自動売買を始めたい方はこちらをご覧ください。 バイナンスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこれらののページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Liquid(リキッド)

LiquidとのAPIの連携方法 についてはこちらをご覧ください。 CoinTraderとLiquidのアカウントを連携後、Liquidでの自動取引・自動売買が可能です。 Liquidについては、これ以外にも詳細なAPI連携の方法についての説明ページもございます。詳細なAPIの連携方法について説明がある仮想通貨取引所の一覧は、こちらで確認ができます。 Liquidのアカウントを新規開設して自動取引・自動売買を始めたい方はこちらをご覧ください。 Liquidのアカウントを既にお持ちで、そのアカウントとAPI連携することで自動取引・自動売買を始めたい方はこちらをご覧ください。 リキッドで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこれらののページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Bitfinex(ビットフィネックス)

BitfinexとのAPIの連携方法 についてはこちらをご覧ください。 CoinTraderとBitfinexのアカウントを連携後、Bitfinexでの自動取引・自動売買が可能です。 Bitfinexについては、これ以外にも詳細なAPI連携の方法についての説明ページもございます。詳細なAPIの連携方法について説明がある仮想通貨取引所の一覧は、こちらで確認ができます。 Bitfinexのアカウントを新規開設して自動取引・自動売買を始めたい方はこちらをご覧ください。 Bitfinexのアカウントを既にお持ちで、そのアカウントとAPI連携することで自動取引・自動売買を始めたい方はこちらをご覧ください。 ビットフィネックスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこれらののページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Zaif(ザイフ)

ZaifとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Zaif(ザイフ)での自動取引・自動売買が可能です。Zaifについては、これ以外にも詳細なAPI連携の方法についての説明ページもございます。ザイフで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Kucoin(クーコイン)

KucoinとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Kucoin(クーコイン)での自動取引・自動売買が可能です。クーコインで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Huobi(フォビ)

HuobiとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Huobi(フォビ)での自動取引・自動売買が可能です。フォビで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Bithumb(ビッサム)

BithumbとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Bithumb(ビッサム)での自動取引・自動売買が可能です。ビッサムで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:OKEx(オーケーイーエックス)

OKExとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、OKEx(オーケーイーエックス)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのOKExのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。オーケーイーエックスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Kraken(クラーケン)

KrakenとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Kraken(クラーケン)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのKraken(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。クラーケンで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Poloniex(ポロニエックス)

PoloniexとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Poloniex(ポロニエックス)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのPoloniex(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。ポロニエックスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:FCoin(エフコイン)

FcoinとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Fcoin(エフコイン)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのFcoin(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。エフコインで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。
なお、FCoin元HoubiのCTOが創設した取引所で、一日の取引量がすでに仮想通貨取引所のランキングで世界一位になる日も記録しています。FCoin取引所の独自トークンである「FT(トークン)」はトレードインセンティブ型で、非常に人気です。

仮想通貨取引所:HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTCとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、HitBTC(ヒットビーティーシー)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのHitbtc(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。ヒットビーティーシーで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:YoBit(ヨービット)

YoBitとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、YoBit(ヨービット)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのYobit(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:Coincheck(コインチェック)

CoincheckとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Coincheck(コインチェック)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのCoincheck(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。コインチェックで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:BtcBox(ビーティーシーボックス)

BtcBoxとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、BtcBox(ビーティーシーボックス)での自動取引・自動売買が可能です。ビーティーシーボックスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:BitForex(ビットフォレックス)

BitForexとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、BitForex(ビットフォレックス)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのBitForex(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。ビットフォレックスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:ZB(ジービードットコム)

ZBとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、ZB(ジービードットコム)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのZB(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。ちなみにゼットビーではなく、ジービードットコムが正しい名称です。ジービードットコムで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Bibox(バイボックス)

BiboxとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Bibox(バイボックス)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのBibox(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。バイボックスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:BCEX(ビーシーイーエックス)

BCEXとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、BCEX(ビーシーイーエックス)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのBCEX(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。ビーシーイーエックスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:RightBTC(ライトビーティーシー)

RightBTCとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、RightBTC(ライトビーティーシー)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのRightBTC(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。ライトビーティーシーで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:CoinTiger(コインタイガー)

CoinTigerとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、CoinTiger(コインタイガー)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのCoinTiger(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。コインタイガーで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:UEX(ユーイーエックス)

UEXとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、UEX(ユーイーエックス)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのUEX(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。ユーイーエックスで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:Bit-Z(ビットジー)

Bit-ZとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Bit-Z(ビットジー)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのBit-Z(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。ちなみにビットゼットではなく、ビットジーが正しい名称です。ビットジーで自動取引・自動売買をされたい方は、まずはこちらのページを基に設定を行ってください。

仮想通貨取引所:BigONE(ビッグワン)

BigONEとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、BigONE(ビッグワン)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのBigONE(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:EXMO(エクスモ)

EXMOとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、EXMO(エクスモ)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのEXMO(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:LiveCoin(ライブコイン)

LiveCoinとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、LiveCoin(ライブコイン)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのLiveCoin(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:Liqui(リクイ)

LiquiとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Liqui(リクイ)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのLiqui(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:Bitsane(ビットサネ)

BitsaneとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Bitsane(ビットサネ)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのBitsane(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:LakeBTC(レイクビーティーシー)

LakeBTCとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、LakeBTC(レイクビーティーシー)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのLakeBTC(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:Ethfinex(イーフィネックス)

EthfinexとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Ethfinex(イーフィネックス)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのEthfinex(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:Cryptopia(クリプトピア)

CryptopiaとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Cryptopia(クリプトピア)での自動取引・自動売買が可能です。英語でのCryptopia(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

仮想通貨取引所:Tidex(タイデックス)

TidexとのAPIの連携方法についてはこちらをご覧ください。連携後、Tidexでの自動取引・自動売買が可能です。英語でのTidex(仮想通貨取引所)とのAPI連携の説明記事はこちらをご覧ください。

目次