日本語
Bot(ボット)一覧
マイページ

新規で追加されるリバランス型の戦略について

2018年の相場を中心に、新たに800の戦略を企画、約13万回のバックテストを行い、新規で3つの戦略を追加する運びとなりました。

取引回数は少ないですが、トレンドが明確になったタイミングでリバランスを行います。含み益も鑑みて全体的なリターンが大きい戦略郡です。

尚、既存のアルゴリズムも勿論選択できますので、ニーズにあった取引戦略を選択の上、ご利用ください。

アルゴリズムの新旧一覧

新アルゴリズム一覧

戦略名 アルゴリズムの概要 バックテストの結果
リバランス型運用(短期) 短期的なトレンドを監視し、変動が確実な場合でのみリバランスをする戦略です。リバランスなので月に多くてもに10回程度の取引回数となります。 バックテストの結果
リバランス型運用(中期) 中期的なトレンドを監視し、変動が確実な場合でのみリバランスをする戦略です。リバランスなので月に多くてもに10回程度の取引回数となります。 バックテストの結果
リバランス型運用(中長期) 中長期的なトレンドを監視し、変動が確実な場合でのみリバランスをする戦略です。リバランスなので月に多くてもに10回程度の取引回数となります。 バックテストの結果

既存のアルゴリズム一覧

戦略名 アルゴリズムの概要
バランス運用 取引回数は多くて月に50前後。相場が買われすぎているのか、売られすぎているのかを分析して確度高く取引します。
ディフェンス運用 取引回数は多い場合、月に40前後。相場のプル・ベアに加え、値動きのトレンドが一定区間ごとにどちらなのかを判定して取引します。
堅実運用 取引回数は多くて月に30前後。相場の値動きと強気かどうかに準じて、トレンドに沿って売買します。
ポジティブ運用 取引回数は多くて月に70前後。他の戦略よりも少し眺めに相場を監視して取引します。
安定セット型運用 相場のトレンドが明確に変わったタイミングで売買を行います。売買は交互に行われるので、月に多くても20回程度の取引です。(スキャルピングαに類似)

簡単10秒で登録