日本語
Bot(ボット)一覧
マイページ

自動取引アルゴリズムについて茨城大学との共同開発を開始

弊社は、このたび国立大学法人茨城大学と、仮想通貨資産の運用を補助するサービスの品質向上に向け、共同研究・共同開発を開始致しました。

本共同研究では、同大学大学院理工学研究科機械システム工学領域の鈴木智也教授及び複雑データサイエンス研究室と当社が、仮想通貨資産の運用成績改善に向け、革新的な運用モデル・アルゴリズムの研究および開発に取り組みます。

自動売買アルゴリズム共同開発の背景と概要

仮想通貨市場の急激な成長を背景に、国内外問わず多くの方々が仮想通貨を保有するようになりました。国内では公開ベースで既に350万以上の仮想通貨交換所の口座数があります。

その一方で、仮想通貨の市場の特性である「24時間365日マーケットが動いている」「ボラティリティが激しい」などの理由から、保有者にとって仮想通貨資産は未だ運用が難しい・保有しても損をしてしまうといった課題が残っている状態です。

これらの課題解決のため、当社は、仮想通貨資産の運用をサポートするソフトウェア・AI・アルゴリズムの開発などを茨城大学と行います。

鈴木智也教授は機械学習・人工知能・金融工学など実践的なデータサイエンスに従事され、仮想通貨資産以外の金融資産の運用モデル・運用手法などの研究をおこなっておられます。

既に弊社のサービスは国内外の38の仮想通貨取引所とAPI連携が可能となっており、一定の利便性がございますが、今回の共同研究を経て、すべての仮想通貨投資家がより一層仮想通貨資産の保全や運用に関して悩むことのない未来の実現を目指します。

自動売買アルゴリズム共同開発について鈴木教授のコメント

「膨大な仮想通貨 (暗号資産) が複数の取引所で24時間売買されており、常に人間が監視するのは不可能である。したがってプロアマ問わずAI等の自動売買アルゴリズムが所望され、流動性の観点からもマーケットの健全性を担保できる。しかしFXや株取引においては個人投資家向けサービスが提供されているものの,仮想通貨のアルゴリズム取引においては株式会社onetapが提供するスマートフォン用アプリConinTraderが国内稀有な存在である。仮想通貨は一時の流行を過ぎたが、セキュアな海外送金やキャッシュレス経済を牽引する重要なFinTechの一つであるため、このまま消滅を許すのは得策ではない。そこで公平かつ魅力ある仕組みを通じて高い流動性を実現すべく、金融工学の観点からも合理的な自動売買アルゴリズムを多数開発し、投資家自身が選択もしくはカスタマイズできるプラットフォームを提供する。」

自動売買アルゴリズム共同開発について弊社代表のコメント

「仮想通貨資産の取引データはAPIによって非常に扱いやすく、かつ豊富に揃っているので、AIやテクノロジーによる運用と非常に相性が良いことが期待されています。そこで、AIや機械学習など金融の領域で先進的なテクノロジーを駆使されている鈴木教授および複雑データサイエンス研究室の皆様と協力することで、まだ見ぬ仮想通貨領域でのAIを駆使した機能・サービスの開発を行い、仮想通貨資産がより身近なものになる社会の実現を目指します。」

自動売買アルゴリズム共同開発の発表についての記事一覧

ICT教育ニュース

onetap×茨城大、「仮想通貨の自動売買アルゴリズム」で共同研究

仮想通貨の先生 | 仮想通貨、トークンエコノミー、ブロックチェーン技術の未来を探るメディア

onetap、仮想通貨の自動売買アルゴリズムを茨城大学と共同で研究

THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

仮想通貨の自動売買アルゴリズムについて茨城大学との共同研究を発表

やさしくはじめる仮想通貨

CoinTraderが「仮想通貨の自動売買アルゴリズム」で茨城大と共同研究

簡単10秒で登録