日本語
Bot(ボット)一覧
マイページ

CMO (Chande Momentum Oscillator)

トゥーシャー・シャンデ(Tushar Chande)によって1994年に考案されたテクニカル手法で、シャンデモメンタムオシレータ―と読みます。 値動きの上下幅を監視する事で、現在の相場が買われすぎなのか売られすぎなのかを判断することができるテクニカルです。

CMOの基本的な考え方

シャンデモメンタムオシレーターは、分析期間のロウソク足(OHLCV)をベースに、上げ幅と下げ幅のうち上げ幅が何%なのかを整数(0〜100)に落とし込んだものになります。 意味合いはRSIに似ているためよく比較されますが、上昇か下降のどちらに勢いがあるかというトレンドの判定にも活用出来るという違いがあり、そのためにモメンタム分析にも使われたりします。

CMOの計算式

CMO(N) = (CMO1 – CMO2) ÷ (CMO1 + CMO2) × 50 + 50

N = 指標の設定期間
CMO1 = N日間で前日比プラスとした日の値幅合計
CMO2 = N日間で前日比マイナスとした日の値幅合計

上記の式に各期間のロウソク足(OHLCV)を渡すことで、CMOが算出できます。 また、結果は0〜100で表され、50をしきい値として前日の値動きからの比較がでけきます。

CMOの取引ルール

基本的にCMOが50より上に位置している場合は買われすぎ、50より下に位置している場合は売られすぎと判断できます。

CMOによるトレンド転換のシグナル

仮にもCMOと実際のロウソク足(OHLCV)が逆行しているような場合はダイバージェンスが発生しているので、相場反転を意味します。 また、値動きの移動平均線をCMOが下抜けている場合は売りサイン。逆に値動きの移動平均線がCMOを上抜けている場合は買いのサインと判断できます。

CMOの課題・問題点

一定の割合でだましに合う可能性がある点や、やはりどの程度の期間を分析するのかといった点はきちんと分析する必要があります。

簡単10秒で登録