日本語
Bot(ボット)一覧
マイページ

BOTが取引しない時は

この記事では「BOTを稼働しているのに、BOTが取引をしない」という場合に

考えられることをご紹介致します。

もしいずれの場合も当てはまらない場合は、お手数ですがsupport@cointrader.zendesk.comまでお問合せをいただけると幸いです。

該当のBOT IDが分かるスクショを添付頂けるとご案内がスムーズにできます。

ケース

  1. BOTの判断により取引をしていない
  2. BOT自体にエラーが起きている
  3. 取引所の残高が不足している
  4. BOTの設定に問題がある
  5. 取引金額が課金プランの上限に達している

1. BOTの判断により取引をしていない

運用している通貨ペアが、ハッキリとしたトレンド転換が少ないレンジ相場である場合、

取引回数が減ってしまう事があります。

(*レンジ相場・・同じ値幅を箱(ボックス)の中で行ったり来たりしているように見える、方向感がない相場のこと)

レンジ相場は数週間続くこともあります。一切取引をしない場合は、少し時間をあけて様子を見てみて下さい。トレンド転換が起こると売買を行います。

※ 急激な相場の変動(高騰、暴落)時には、BOTと取引金額によっては取引が実行されない事があります。

2.BOT自体にエラーが起きている

BOTにエラーが起きて正常に稼働しない時は、BOTのステータスが「非稼動」または「起動処理中」と表示されます。原因としては以下が考えられます。

  • 取引所のサーバーダウンなど、何らかの不具合によりBOTが稼働に失敗する
  • 弊社のBOTがAPI制限を受けている事で、BOTの稼動ができていない

この場合は暫く時間がたってからBOTの稼働状況を確認頂くか、BOTを稼動し直して下さい。

ほとんどの場合は時間をおくと直ることが多いのですが、解決しない場合は

お手数ではございますがお問合せください

3. 取引所の残高が不足している

BOTで運用している通貨のどちらかが不足している場合、取引が行われない事があります。

例えば以下のようなケースがあります。

(例)通貨ペアBTC-JPYを運用している場合

仮に相場が下落相場となってBOTが「BTCを売る」という注文を出したとします。

この時に口座にBTCが少なかった場合には「売りたいけど売るものがない」状態となり、アプリ上は一切取引がされない状態になります。

WEBの取引ログではこのように表示されます

解決方法

運用金額が少額であるほど、残高不足に陥りやすいためCoinTraderでは取引所残高20万以上でBOTを稼働させることを推奨しております。

残高を増やすなどが難しい場合はトレンド転換があるまで待つことをおすすめしております。

相場のトレンドが転換した場合は買い注文が入り、残高が足りている場合はBOTは取引を再開します。

4. BOTの設定に問題がある

以下のようなケースはBOTは「稼働中」と表示されていても取引が行われません。

既に連携済みの取引所、保有済みの通貨を選択するようにして下さい。

  • BOTで設定した取引所とのAPI連携が済んでいない
  • 取引所の口座に保有していない通貨を選んでいる

5.取引金額が課金プランの上限に達している

「取引金額」とはBOTが行った売買金額の合計のことをいいます。

各プランには取引金額の上限があり、上限に達すると一時的に取引が停止します。

各プランの取引金額の上限

  • ブロンズプラン:200万円
  • シルバープラン:500万円
  • ゴールドプラン:上限なし

取引を再開するには

取引金額の上限は、直近の30日間でXXX万円以内というカウントの仕方をしています。

もし取引額の上限に達してBOTが取引を停止しても、1日待てばその日を起点に上限金額が計算され直され、上限金額に達していなければ取引が再開できます。

▼ (例)ブロンズプランの場合

▼ (例)上限に達した場合でも、翌日には**翌日起点で計算され直されます。**上限に達さない分は取引が可能です。

簡単10秒で登録