日本語
Bot(ボット)一覧
マイページ

BOP (Balance Of Power)

ドン・ワーデン(Don Worden)によって1950年代に作成された買い手と売り手の力関係・取引量などを表す指標として考案されたテクニカル手法。

BOPの基本的な考え方

バランス・オブ・パワーは相場の価格には比例せず、強気な相場なのか弱気な相場なのかを示す指標として用いられています。 特に一定のトレンドが価格にあらわれて、一方向になっている相場では、その相場トレンドが継続するのかを判断する時の判断材料として有用です。

BOPの計算式

BOP=(終値-始値)÷(高値-安値)

上記の式に各期間のロウソク足(OHLCV)を渡すことで、BOPの指数平滑移動平均線が算出できます。

BOPの取引ルール

値が-1に近いほど相場の弱気の勢いが強く、値が1に近いほど相場の弱気の勢いが強いことを表しています。

BOPによるトレンド転換のシグナル

上昇トレンドでBOPが-1に近づいている場合や、下降トレンドで1に近づいている時は、天井や底の可能性があります。 逆に上昇トレンドでBOPが1に近づいている時や、下降トレンドで-1に近づいている時は、現行のトレンドの勢いが続いていると判断できます。 また、価格が上昇しているのにBOPが下がっているなど、値動きとBOPの表示が逆行してしいまっているダイバージェンスが発生している時は、そのトレンドが弱まっていることを表しています。

BOPの課題・問題点

BOPでは相場のトレンド切り替わりを表示するにとどまり、売買の指示を直接行う訳ではないです。 なので売買トレンドを表示する、他のテクニカル指標と組み合わせて使うことになります。

簡単10秒で登録